ご予約はこちら

026-284-5568

© 2019 kawanakajima F mental clinic

Restart program

リスタートプログラムのご案内

リスタートプログラムとは

つまずいた経験がある方の
再出発(リスタート)を目指すプログラム

当クリニックでは、現在、就学や就労などの社会参加ができず、概ね家庭に留まっている、いわゆる「ひきこもり」状態の方が、再び社会に戻っていくことを目的としたリスタートプログラムを提供します。

「ひきこもり」状態の概念

「さまざまな要因の結果として社会参加を回避し、原則的には6か月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態を指す現象概念」

(引用元「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」)

また、いわゆる「ひきこもり」状態ではなくても、現在学校や仕事などに参加しておらず、外出や他者との交流が限定されており、「この先もこのままでよいのか」「もっと社会に参加した生活を送るためにはどうすれば…」という悩みの改善方法のひとつとして、リスタートプログラムを捉えていただければと思います。

長期化しやすいひきこもり状態

  • 外出したり人と関わることが億劫
  • 気分の波が激しくコントロールが難しい
  • ゲームやネット中心の生活で、生活リズムが乱れている

ひきこもり状態の多くの方々が、同じような悩みを抱えています。
ひきこもり状態となる原因は、環境の変化や傷つき体験、精神的な疾患によるものなど、人それぞれ様々で、どれかひとつには特定できない場合も多くあります。苦しかった経験やつまずき体験があり、一旦社会との接点が少なくなると、再び前を向いて一歩踏み出すためには、相当のエネルギーと勇気を必要とします。
「この状態から脱したい」と、本気で考えてみても、長期間経ってくると、「何からしたらよいのか」わからず、日にちばかりが過ぎている方がいるかもしれません。「何故うまくいかない?」「誰もこのつらさをわかってくれない」、そんな思いを抱いている方もいるかもしれません。
また既にご自身で色々と挑戦をしたけれどうまくいかなかった結果、「どうせ自分には」「今更もう無理」と、社会参加をあきらめている方もいるかもしれません。
でも、再出発に「遅すぎる」はありません。

リスタート(再出発)を専門スタッフがチームでサポート
社会に一歩踏みだす体力と自信を

苦しかった経験や自分自身と向き合うことは、時にしんどさを伴います。また自分一人きりでは、なかなか乗り越えられない壁があるかもしれません。
リスタートプログラムでは、参加された方を、医師・看護師・作業療法士・公認心理師(臨床心理士)など専門スタッフがチームで支えます。それぞれの専門スタッフの視点から、おひとりおひとりの状態や目標、特性を丁寧に把握し、今できている能力を最大限活かしながら、社会の中で生きていくためのスキルを身につけていきます。
またプログラムの集団活動によって、似たような経験をもつ仲間たちと支え合うこともできます。規則正しい生活リズムや失われた人間関係を、安全な環境で、もう一度取り戻していただければと思います。社会に一歩踏み出す体力と自信をつけ、引きこもり状態からの脱出を目指します。
大切なのは、『再び社会参加をしたい』というあなた自身の気持ちです。

参加対象者

現在、自宅の生活中心で、他者との交流が限定されており、社会との接点が持ちにくくなっている方が対象です。

  • ① 年齢や「ひきこもり」期間の長短は、問いません。現在、社会参加が困難な方
  • ② “現状を何とか改善し、再び社会参加したい”という、リスタートへの意思が明確な方
  • ③ 当クリニック医師が、リスタートプログラム参加可能な状態にあると判断された方
  • ④ 集団を乱さない方・依存性疾患のない方
    ※集団の適応に問題がある場合には、プログラム参加開始後も利用をお断りする場合があります
  • ⑤ リスタートプログラムは治療の一部と考えております。当院プログラム参加には、当クリニックへの主治医変更が条件となります。

参加までの流れ

当クリニック受診中の方

当クリニック医師診察にて申し出
医師より参加可能と判断
リスタートプログラム見学・面談
スタッフと参加意思等確認の面接
参加開始

他院通院中の方

当クリニックへ電話で問い合わせ
リスタートプログラム見学・面談
(参加意思あれば)現在の主治医と相談・紹介状依頼
当クリニック新患予約・診察
スタッフと参加意思等確認の面接
参加開始

プログラム詳細

プログラム詳細につきましてはこちらのPDFをご覧ください。

子どもを支える親トレ

思春期・青年期以降のお子さんをもつ保護者対象のプログラム

我が子が現在、ひきこもり状態にある、あるいは、そうとは言えないまでも仕事や学校に行くことができず、自宅での生活が中心の状態にあるお子さんをお持ちの保護者を対象とした、お子さんとの関わり方を再考するプログラムを実施します。

プログラム詳細につきましてはこちらのPDFをご覧ください。

参加者の言葉

現在準備中です。

PAGE TOP